審査員 富川匡子(婦人画報編集長)

1995年に婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社し、モダンリビング、婦人画報の編集を経て、2002年から美しいキモノ編集部で活躍。2013年に11代目の美しいキモノ編集長に就任し、60年以上の歴史あるきもの誌にて現代の生活に則したファッションの一部としてのきものコーディネイトを提案。2017年6月に婦人画報編集長に就任し、両誌の編集長を兼務。

PAGE TOP